【第229講】彦根も水戸も損失だらけ

れき女
桜田門外の事件、最後は彦根藩から検証して結びにします。
先生
論文かね。
れき女
井伊直弼が襲われ首を取られて、その犯人も追われて死んで…、首はどうなったんです? 
先生
どうしても気になるようだ。
れき女
読者も知りたいですよ。
先生
事件は10数分の出来事だろう。異変に気付いた彦根藩も、藩邸から追っ手を出して…。
れき女
藩主の首を探す? 
先生
そりゃそうだ。武士が襲われ首級を取られるなど言語道断。
れき女
で、どこに?
先生
大名の遠藤但馬守屋敷前で、首を取った有村次左衛門が自決したから、遠藤家に収容された。
れき女
首と一緒に? 遠藤家に? 門の前で死んだ人間は、その家で引き取るんですか?
先生
武士の情け。その後、彦根藩から別の藩士の首として返却を求められるが、簡単には応じない。
れき女
遠藤家は直弼の首と分かっていたのですか?
先生
遠藤家当主は若年寄を務める現職幕閣。わかっていただろう。幕府と遠藤家、井伊家の協議の末、「井伊直弼は登城途中襲撃され負傷、療養中」。将軍は見舞いの品を送り、死亡は3月28日とされた。
れき女
でもバレバレですよ。白昼堂々の事件だし、目撃者多数。
先生
しかし、そのまま公表すれば井伊家は断絶。下手をすれば、水戸へのあだ討ちとなりかねない。
れき女
不慮の事故扱いは?
先生
不慮でもなんでも、当主が跡目相続をしないままに死ぬとお家断絶。それが武家社会。
れき女
…その旧レジームからは脱却したほうがいいと思う。
先生
幕府にしても、江戸城門前で大老を暗殺される大失態。
れき女
でも隠せます?
先生
だから狂歌「いい鴨を 網で捕らずに 駕籠で捕り」じゃ。
れき女
井伊掃部頭(いいかもんのかみ)だから…、うまい。
先生
水戸藩や幕府は、テロ行為に及んだ脱藩浪士を捕縛、斬首。彦根藩も主君を守れなかったと、生き残った藩士は切腹や斬首。
れき女
両藩とも損失だらけ。幕府の事件処理も滑稽。旧体制が変革の時を迎えるのは当然かも。
先生
ペリー来航が1853(嘉永6)年。大政奉還が67(慶応3)年。その真ん中がこれだ。昭和43年に「明治100年」で水戸市と彦根市は親善都市提携。
れき女
100年かかりましたね。
第229講
ページの先頭へ戻る