お礼の気持ちはきちんと伝えて 正式には礼状を出すのがマナー
お礼の気持ちはきちんと伝えて 正式には礼状を出すのがマナー

 お祝いを贈る場合は、「のしあり・紅白蝶結びの水引」を用い、表書きは「御祝・フルネーム」と書くのが一般的です。そのほか、「御入園御祝」「祝御入園」や「御入学御祝」「祝御入学」などがあります。卒業を祝って贈る場合は、表書きは「御卒業御祝」「祝御卒業」とします。
 子どもさんが小さい場合は、表書きを「ひらがな」にすると読めますし、優しく柔らかい雰囲気が伝わるでしょう。
 お祝いをいただいた場合のお返しは、一般的には不要です。しかし、お礼の気持ちは、本人からきちんと伝えるようにしましょう。正式には、お礼状で出しますが、略式マナーとして電話で伝えてもよいでしょう。

カテゴリ : 

ページの先頭へ戻る