結納の費用負担や当日の流れなど 両家で事前に話し合って
結納の費用負担や当日の流れなど 両家で事前に話し合って

結納を執り行う際は日時や場所だけでなく、費用の負担や結納品、結納金をどうするか、また当日の儀式の流れなど、両家で事前に話し合って取り決めておきましょう。
仲人を立てない場合、一般的に男性側の父親が結納の進行役を務めます。父親がいない場合は、母親あるいは叔父(伯父)が代役を務めます。部屋では両家が向かい合い、上座に本人たちが座り、その次に父親、母親の順で座ります。結納品は床の間、または上座に置きます。
結納の間は、口上とあいさつ以外の言葉は交わさないのが習わしです。まず、お互いにあいさつをして、男性側の父親が結納の儀を執り行うあいさつをします。結納品を納める側は「幾久しくお納めください」、受け取る側は「幾久しくお受けいたします」と述べます。
※婿養子の場合は、逆になります。

カテゴリ : 

ページの先頭へ戻る