結納当日の服装は 両家で「格」を合わせましょう

結納では本人たちだけでなく、両親や親族の服装もちぐはぐにならないよう、事前に話し合っておくと安心です。
服装は、両家で「格」を合わせます。正装で臨む場合、結納する本人たちは、男性はブラックスーツやダークスーツ、白のワイシャツを着用し、ネクタイはシルバーグレーや白などの礼装用を選びます。女性は、ワンピースやスーツ、和装なら振袖や訪問着がよいでしょう。
父親はモーニングかブラックスーツに、白のワイシャツを着用し、白の地模様入りやシルバーのフォーマルなネクタイを。ポケットチーフはたたんで胸のポケットに入れます。母親は、上品で落ち着いたフォーマルスーツで、和装の場合は留袖か訪問着、付け下げを着用します。兄弟や親族は、本人たちと同格か格を下げます。男性はダークスーツに上品なネクタイ、女性は控えめなスーツやワンピースが好ましいでしょう。

カテゴリ : 

ページの先頭へ戻る