就職祝いには長く使えるものを! お返しは不要ですが、礼状を書いて
就職祝いには長く使えるものを! お返しは不要ですが、礼状を書いて

就職祝いを贈る場合は、ネクタイや名刺入れ、ビジネスバッグ、印鑑など長く使えるものがよいでしょう。また、商品券やお祝い金も喜ばれます。表書きは「御祝」「御就職御祝」などとします。
入学のお祝いなどをいただいたら、本人がお礼状を書くのがマナーですが、子どもが小さいうちは、親が代筆しても構いません。その場合、子どもが描いた絵などを添えると喜ばれます。お返しは一般的には不要ですが、必要な場合は「内祝・子どもの名前」で、紅白の蝶結びの水引を用います。
新社会人の場合は、お礼状に近況報告を書き添え、初任給や初ボーナスが出た際に気持ちばかりの贈り物をすると喜ばれますよ。

カテゴリ : 

ページの先頭へ戻る