新社会人編2
新社会人編2

身だしなみは全身の“先”に気をつけて

 出勤前には必ず鏡に全身を映し、「正面・横・後ろ姿」をチェックして、全体のバランスを整えましょう。自宅を出たその瞬間から、勤めている「会社の一員である」ことを意識するように! おしゃれと身だしなみは違います。「遊びに行くファッション」ではなく、「仕事に行くファッション」を心がけましょう。
 身だしなみのポイントは、?全体のバランス?清潔感?すべての「先」はOKか ─ の3つです。「先」というのは、頭の先=髪、手の先=爪、足の先=足元を指します。まず、髪が整っていないと、ダラダラした印象を与えてしまいます。毎日、きちんと整えましょう。
 爪は長すぎないか、指が荒れていないかをチェック。手は生活感がいちばん表れる部分です。健康的な手をキープしましょう。ネイルは勤め先の指示に従い、OKであればシンプルで上品な色を。くれぐれも華美にならないよう注意しましょう。
 足元を見ると、その人の「身だしなみに対する意識度」が分かります。常に、きちんと磨いてある、形崩れしていない靴を履いている人は、全体の身だしなみも完璧な人が多いようです。逆に、かかとを踏んでいたり、傷んでいる靴を履いている人は、残念ながら身だしなみに対する意識が低い人が多いですね。「足元は身だしなみの中でもいちばん大切なポイント」と心がけましょう。
 そのほか、自分では意外と気づきにくいのが「口臭」と
「フケ」です。他人からは注意しづらいところなので、日頃から自分で意識し、相手に不愉快な思いをさせないようにしましょう。

新社会人編2
カテゴリ : 

ページの先頭へ戻る