TPOに合わせた言葉遣い クッション言葉で“できる大人”に
TPOに合わせた言葉遣い クッション言葉で“できる大人”に

 言葉はその人の品格を表し、「言葉遣いのしっかりした人=人間的にしっかりした人」と判断されがちです。TPOに合わせた言葉遣いを身に付け、“できる大人”を目指しましょう。
 物事を依頼する時や相手に手間を取らせる時など、同じ内容でも言い方によっては、相手を不愉快にしてしまうことがあります。このような時には、「クッション言葉」を用いて会話をすれば、印象が良くなり、伝わりやすくなります。
 依頼をする時や尋ねる時は「恐れ入りますが」、聞き返す時は「失礼ですが」、相手の手間を取らせる時は「お手数ですが」、断る時は「申し訳ございませんが」、提案をする時は「よろしければ」などを使うようにしましょう。

カテゴリ : 

ページの先頭へ戻る