目上の人に「ご苦労様」はNG 「どうも」の後には伝えたい言葉を
目上の人に「ご苦労様」はNG 「どうも」の後には伝えたい言葉を

 注意したい言い回しとして、「ご苦労様」という言葉があります。基本的に、労をねぎらう言葉は目上から目下に使うものなので、目上の人に対しては「お疲れ様です」または「お疲れ様でございます」と言うようにしましょう。
 また、「いや〜、あの時はどうも」など、「どうも」だけで会話をする人を時々見かけます。親しい間柄であれば通じますが、一般的には「どうも」だけで会話するのは避けましょう。
 「どうも、ご無沙汰しております」「どうも、先日はありがとうございました」など、「どうも」の後には、目的となる言葉や伝えたい言葉をはっきり言うようにしましょう。

カテゴリ : 

ページの先頭へ戻る