「前歯の見た目が気になって大きく笑えない」「話しながら手で隠してしまう」という方は、どのような治療法があるのでしょうか。また、治療にあたり気を付けることを教えてもらいました。
─前歯の見た目を気にしている人も多いようです。

 歯と歯のすき間の改善や歯の形を部分的に整えるラミネートベニアを用いた自由診療の治療法があります。歯の表面をごくわずかだけ削って、本物の歯に近い硬さと自然な見た目を持ったセラミックのラミネートベニアを貼り付けます。セラミックは見た目の美しさを長期間保つことができ、色が変わったり、表面がすり減ったりすることはほとんどありません。修復する部分が狭ければ、こちらも自由診療で樹脂性材料のコンポジットレジンを用いた治療法があり、審美性、耐久性に優れ、かつ歯を削る範囲をかなり少なくすることが可能です。医師側は、それぞれのメリットデメリットを明らかにして選択肢を示し、患者さんに判断してもらうことが大切です。

─治療を受けるにあたり気を付けることは?

 ラミネートベニアは、しっかりと手入れを行えば、施術から10年後も90%以上の方がほぼ問題がないというデータがあります。また、きちんと接着すると歯を強化する効果もありますが、適切な治療を行わなければ歯茎に炎症が起きることもあり、丁寧で高い技術が求められます。治療も1本の歯を見るのではなく、医学的見地から噛み合わせや歯茎、虫歯、歯周病など口腔内全体を把握して、安定した状態が長く続くような治療を行うことがポイントです。患者さんの悩みを聞き出すために時間を取り、きちんとした説明をしてから治療を進める医師選びが重要です。

せき歯科クリニック 院長 関 喜英氏

店舗情報

せき歯科クリニック

住所
熊本市東区桜木3-22-19
TEL
096-360-0310
店舗ホームページ
https://www.seki-dc.jp
営業時間
9:00~12:30 14:00~19:00 木曜は~13:00まで 土曜は~18:00まで
休業日
日曜日
備考
歯科、小児歯科、歯科口腔外科、矯正歯科、審美歯科、インプラント、入れ歯