メディカルインタビュー眼科編

40歳以上は20人に1人が発症するといわれる緑内障。怖い病気ですが、診療ガイドラインの改訂で早期発見・治療に光明が差しました。

─緑内障とはどんな病気ですか。

岩上 眼圧の上昇で視神経障害が発生し、視野(見える範囲)が狭くなる病気で、日本では失明原因のトップです。加齢に伴い発症し、40歳以上の罹患(りかん)者は20人に1人ともいわれます。この病気は完治が見込めないので、症状の進行を抑える治療法しかありません。

─昨年、緑内障の診療ガイドラインが改訂されたそうですね。

岩上 これまでは視野の狭さだけで判断していましたが、新ガイドラインでは光干渉断層計で視神経の変化を察知して判断するため、かなりの早期発見が可能になりました。

─どのような治療を行いますか。

岩上 まずは目薬で、目の中で栄養などを運ぶ房水が増えたために上がった眼圧を下げます。房水を減らしたり、流れを良くしたりする薬で、1種類で様子を見ながら経過を観察し、2、3種の併用に切り替えることもあります。点眼治療では薬を使い切ることが大切で、途中でやめないでください。このほか、目の中の房水を外に流出させるレーザー治療や、房水の流れを妨げる部分を切開して流路をつくる手術もあります。

─緑内障にかからないために気を付けることはありますか。

岩上 確実な予防法はなく、日常生活で気を付けることはありません。自覚症状がないため、最も大事なことは早期発見・早期治療です。そこで、必ず定期検診を受けるようにしてください。また、定期的に眼科を受診するのもよいでしょう。なお、目の検診は片方だけという場合もありますが、万全を期すため両目の検査を受けることをお薦めします。

岩上眼科 院長 岩上 英一氏

店舗情報

岩上眼科

住所
菊池郡大津町大津1212-29
TEL
096-293-2053
店舗ホームページ
http://www.iwagami-ganka.com/
営業時間
診療時間/9時~12時、14時~18時(木曜午後休診)
休業日
休診日/日曜・祝日、火曜(手術日)
備考
※日帰り白内障手術可能