歯科編

「顎の骨が痩せているからインプラントができない」と諦めている人はいませんか。今は人工代用骨を用いた骨の造成で、治療が可能になる場合もあるそうです。

ーインプラント治療を諦めてしまうケースとは。

最近、セカンドオピニオンとして来院される患者さんの中には、インプラントを埋め込む土台となる顎の骨格や位置、厚さなどに問題があり、他の医院で治療ができないと判断され、相談に来られる人も多いようです。確かに痩せた骨にインプラントを埋め込むには、技術と経験が必要なので、医院によっては断られるケースもあると思います。しかし今は、骨の厚さや幅が足りない患者さんも、人工代用骨などを使い手術が可能になるケースも多くあります。

ーどのような治療法ですか。

例えば、上顎の奥歯の場合、その上に副鼻腔という大きな空洞があります。手術では副鼻腔の下部にある薄い膜を慎重に押し上げ、その隙間に人工代用骨を入れインプラントを埋め込む骨を造成します。人工代用骨が完全に自分の骨としてなじむには約6カ月かかります。その後、歯科用CTで骨の状態や神経の走行などを立体的に見ながら、インプラントを埋め込む角度などもシミュレーションし治療計画を立てます。

関歯科医院
院長 関 光輝氏

ーとても緻密な治療ですね。

手術には豊富な経験や知識が必要です。これまで治療を諦めていた人にも、進歩した歯科技術により自分の歯と同じように食事ができ、思いっきり笑うことができる豊かで楽しい日常を取り戻していただきたいと思います。そのためにも、セカンドオピニオンを利用するなどした上で、納得のいく説明を受けて、治療をスタートしていただきたいです。

店舗情報

関歯科医院

住所
〒860-0051 熊本市西区二本木3-3-29
TEL
096-353-0212
店舗ホームページ
http://www.seki-shika.com
営業時間
月~金曜 9時~18時 土曜 9時~14時
休業日
日曜、祝日
(予約・相談専用)
0120-648-070
駐車場
あり(14台可)