メディカルインタビュー 美容外科編

程度の差はあれ、人は誰でも体の悩みを持っているのではないでしょうか。切開せず、すぐ日常生活に戻れる「切らない治療」の中から、今回はワキガ・多汗症、豊胸、痩身(部分痩せ)の治療法について聞きました。

―ワキガと多汗症の切らない治療法について教えてください。

山田 ワキガと多汗症の切らない治療では、電磁波を脇に照射して汗腺を破壊する治療を行います。治療時間は両脇で約60分。汗腺の機能が失われるため、効果の持続は半永久的です。一時的に機能を抑制する薬液を注射する方法もあります。こちらの治療時間は10分程度で、効果は注射後、約半年続きます。

―豊胸治療はどのように。

山田 ヒアルロン酸をバストに注入する方法があります。注入量や注入箇所を微調整することで、希望に近いバストを実現することが可能です。ヒアルロン酸は注入後半年から1年ほどかけて徐々に体内へ吸収されます。また、事前に吸引した自分の脂肪を使ってバストに注入する方法もあります。痩身と豊胸を同時にかなえたい人におすすめの方法です。脂肪は注入前に不純物などを取り除くことで、より生着率が高まります。

―痩身治療も切らずにできますか。また、部分痩せも可能でしょうか。

山田 脂肪細胞を溶かす注射や、脂肪細胞を冷凍・破壊する施術なら、切らずに治療できます。これらは施術部位が選べるので、「二の腕をホッソリさせたい」「下腹部をへこませたい」といった部分痩せも可能です。

―切らない治療のメリットは。

山田 出血がない、または少ない点、抜糸の必要がない点、治療後すぐ仕事など日常生活に戻れる点などが挙げられます。自分に適した治療法や各治療法の具体的な内容など、詳しくは専門医へお尋ねください。

山田雅明氏

共立美容外科熊本 院長
山田雅明氏

店舗情報

共立美容外科熊本

住所
熊本市中央区水道町5-21 コスギ不動産水道町ビル5F
店舗ホームページ
http://www.kyoritsu-biyo.com/
営業時間
診療時間/月~日曜10時~19時(完全予約制、祝日も平常診療)
休業日
休診/年中無休
女性専用TEL
0120-177-340
男性専用TEL
0120-477-340