メディカルインタビュー 産婦人科編

健康で元気な赤ちゃんを産みたい! 最近は妊娠に前向きなことを“妊活”と表現するようです。妊娠するためにはまず、自分の体の状態を知ることが大事。今回は、生理痛と妊娠の関係について聞きました。

ー生理痛に悩んでいる女性は多いですよね。

岩政 月経時に起こる下腹痛、腰痛、吐き気や頭痛などの不快な症状、特に痛みが生じる場合を「生理痛(正式には月経困難症)」といいます。生理痛は50~80%の人に見られますが、仕事や家庭生活など日常に支障を来すような場合は、鎮痛剤などによる治療も必要です。

ソフィアレディースクリニック水道町      院長 岩政 仁氏

ー生理痛は、不妊症と関係がありますか?

岩政 「生理痛=不妊」になるとは限りません。生理痛の原因はストレスなどの心理的な影響や、睡眠不足などの日常生活の変化が関係していることもあります。月経周期が不順な場合は排卵がないことも多いので、まずは基礎体温などを付けて、排卵の有無を確かめることが大事だと思います。また、生理痛の原因が、器質的な要因、子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫や子宮内膜ポリープなどによるものではないかを鑑別しておく必要もあります。特に注意してほしいのは、子宮筋腫や子宮内膜症です。子宮内膜症の人の約半数は不妊に悩んでいるとの報告もあり、子宮筋腫も場所によっては不妊の原因になることもあります。

ー生理痛の状態は“妊活”のためのチェック項目でもあるようですね。

岩政 そうです。これらの疾患は放置すると重症化し、治療が難しくなります。もしも鎮痛剤を服用するような生理痛が何カ月も続くようであれば、早く婦人科を受診されることをお勧めします。