メディカルインタビュー 美容外科編

頬や目元、眉間、額…。加齢などによりシワは顔の至る箇所に刻まれていきますが、実はその種類は3つに分けられ、それぞれに原因や治療法が異なるそうです。詳しく聞きました。

ーシワの種類を教えてください。

長島 シワは大きく、「小ジワ」「真皮(加齢)ジワ」「表情ジワ」の3つに分けられます。小ジワは皮膚が薄い目元や口元にできやすいのですが、シワ自体が浅くて細かい場合は、スキンケアや生活習慣を見直せば改善が見込めます。

ー真皮(加齢)ジワとは。

長島 加齢や皮膚の乾燥が原因となって、顔に刻まれるシワのことをいいます。代表されるのが、ほうれい線です。これは加齢により、小鼻の脇から口の端までの筋肉が衰えることで、皮膚がたるんで溝ができた状態です。このように、たるんでできたシワにはヒアルロン酸が適しています。ヒアルロン酸は体内にもともと含まれている物質で、水分を保持したり、細胞を守ったりする役割を持っています。ヒアルロン酸を使うと、体内に存在しているヒアルロン酸と融合し、溝ができていた皮膚に膨らみを持たせることができます。

ー表情ジワは、どのようにしてできるのですか。

長島 考え事をしているときなどに、無意識に眉間に力を入れているとシワができます。また、まぶたのたるみを引き上げようとすると、おでこの筋肉を使い、結果、額にシワができることがあります。いずれも、筋肉の緊張状態が続くことでシワが定着してしまいます。この場合、ボツリヌストキシンの注射をお薦めします。ボツリヌストキシンは筋肉に作用し、シワを作る筋肉の働きを弱める働きを持っています。詳細は専門医にお尋ねください。

ながしまクリニック 理事長 長島 秀幸氏

店舗情報

ながしまクリニック

住所
熊本市中央区安政町5-6 SKYビル4F・5F
TEL
096-321-6886(予約優先)
店舗ホームページ
https://nagashimaclinic.net/
営業時間
診療時間/10時~19時(最終受け付け18時)
休業日
休診/不定休(日曜診療あり)