メディカルインタビュー 歯科編

歯科矯正(自由診療)を受ける際、治療後の歯並びが具体的に把握できると安心ですよね。最近は、口腔内スキャナーなどの機器や技術の導入で、治療後の歯並びが立体的な画像で確認できるそうです。詳しく聞きました。

―口腔内スキャナーとはどのようなものでしょうか。

松下 口腔内スキャナーは、光学レーザーによって歯並びや歯周組織の画像データを得ることができる医療機器です。「ご自身の歯並びをパソコン画面でリアルタイムに立体的に見ることができる医療機器」といえば分かりやすいかもしれません。パソコン上で立体的に再現できるだけでなく、さまざまな角度や拡大画像、通常では見ることができない細部まで確認することができるのが特長です。矯正医にとって治療に必要な詳細なデータが得られるだけでなく、患者さんにとっても大きなメリットがあります。

DAN矯正歯科クリニック 院長 松下 龍之介氏

―口腔内スキャナーと3次元CTを用いた矯正治療について具体的に教えてください。

松下 今までの矯正治療は、主に2次元のレントゲンや、歯科用の模型で治療計画を立てていました。しかし、口腔内スキャナーと3次元CTを利用すれば、歯並び・骨・歯周組織・顔・口元などのバランスをこれまで以上に、精密かつ立体的に把握できます。治療計画を立案する上で非常に有効ですし、患者さんへの分かりやすい説明にもつながります。さらに、口腔内スキャナーと3次元CTの矯正治療用ソフトを使用することで、さまざまな治療のシミュレーションを確認することも可能です。抜歯した場合の治療後の歯並びと、抜歯しなかった場合の治療後の歯並びを、カウンセリング時にパソコン画面で比較することもできます。シミュレーションは、お子さんから成人の方まで、希望する矯正装置に関係なく、全ての患者さんが確認できますので、ご安心ください。

―ほかに、治療結果を確認する方法はありますか。

松下 治療後の歯並びを実寸大の模型(予測模型)で再現し、確認することができます。治療ごとに現在の歯並びと予測模型を比較しながら治療を進めることが非常に重要です。

―カウンセリングについてお聞きします。

松下 カウンセリングでは、口の中の写真を数枚撮影した後、口腔内スキャナーを用いて、現在の歯並びのデータを採取します。治療方針や費用、矯正装置などを説明した後、矯正治療した場合の結果をパソコン上で再現します。カウンセリングで治療結果のシミュレーションを確認し、納得された上で、後日、有料の精密検査を受けることをお勧めします。詳しくは専門の医師にご相談ください。

店舗情報

DAN(ダン)矯正歯科クリニック

住所
熊本市中央区上通町1-1 NK第一ビル5F
TEL
096-288-0727
店舗ホームページ
http://www.dan-kyousei.com/
営業時間
診療時間/月・金曜 13時~19時、火・水・土曜 10時~13時・15時~19時30分、日曜 9時~16時30分
休業日
休診/木曜、第1・3・5月曜、第2・4日曜