「ワキガ・多汗症」「豊胸・痩身(そうしん)」はメスを使わない切らない治療で悩みを解消できます

ーワキガや多汗症の切らない治療について教えてください。

山田 切らない治療とは、メスで切開せずに行う施術のことです。切開の痕が残らず、施術後すぐに日常の生活に戻れます。ワキガや多汗症は、発汗を止めることで症状を改善することができます。ワキや手足など発汗を止めたい部分に電磁波を照射し、汗腺を破壊します。破壊というと痛そうなイメージがあるかもしれませんが、麻酔により治療中や治療後の痛みを軽減できます。治療時間は両脇で60分程度で、汗を抑えると同時に、多少の脱毛効果もあります。この方法だと入院や通院の必要もありません。汗腺自体が機能しなくなるため、半永久的な効果も期待できます。

ー豊胸にも切らない治療はありますか。

長島 豊胸の切らない治療には、ヒアルロン酸の注射や、事前に吸引した自分の脂肪をバストに注入する方法があります。ヒアルロン酸はもともと体内にある成分で、注入後、半年から1年ほどかけて体内に吸収されます。自分の脂肪を使う場合は、注入前に不純物や古い細胞を取り除くことで、バストにより長くとどまらせることが可能です。

ー部分的な痩身についてはいかがでしょうか。

長島 下腹部や二の腕などの部分的な痩身には、薬液を注入して脂肪細胞を溶かす施術があります。また、専用機器で脂肪細胞を冷却して体外へ排出する方法などもあります。いずれも、その方の症状や希望によって適した治療は異なります。治療を受ける前にカウンセリングが必要ですので、まずは専門の医師にご相談ください。

共立美容外科熊本 院長 山田 雅明氏

店舗情報

共立美容外科熊本

住所
熊本市中央区水道町5-21 コスギ不動産水道町ビル5F
店舗ホームページ
http://www.kyoritsu-biyo.com/
営業時間
診療時間/月~日曜10時~19時(完全予約制、祝日も平常診療)
休業日
休診/年中無休
女性専用TEL
0120-177-340
男性専用TEL
0120-477-340