メディカルインタビュー 美容外科編

視界を広げたり、目元をパッチリさせたりなど、特に女性の患者さんが多い「二重まぶた」の治療。進学や就職、転勤など、新しい環境に移る前に治療を行う方が多いそうです。詳しい治療法を専門医に聞きました。

―春は二重まぶたの治療件数が増えるそうですね。

木村 はい。新しい出会いを前に治療しておきたいと、特に春休み中に治療される方が多いです。「切れ長の目をパッチリとした二重にしたい」「二重の幅を広くしたい」「まぶたがたるんで狭まった視界を広げたい」という相談をよく受けます。

―治療はどのように。

木村 最も行われている治療法に「埋没法」があります。極細の針と糸を使ってまぶたの筋肉を引っ張り上げ、二重まぶたをつくる方法です。よく「手術したことが周囲に気付かれませんか」と聞かれますが、糸は皮下に埋没させるため、外見からは糸の存在は分かりません。所要時間は両眼で約15~30分程度。内出血や腫れは、ほとんどありません。使用する糸の本数や結びの強さを調節しながら縫い止めていくため、若干時間はかかりますが、二重の幅の広さや形など、より自然で希望に沿ったまぶたをつくることができます。

―他の治療法も教えてください。

木村 まぶたに厚みがある場合は「全切開」で余分な脂肪を除去します。切開部分の組織が癒着することで、まぶたが引き上げられます。生まれつきの二重と同じつくりになるため仕上がりが自然で、元に戻ることがありません。このほか、数ミリの切開で二重まぶたをつくる「部分切開」や、目を大きく見せる「目頭切開術」、涙袋やたれ目を形成する治療もあります。二重まぶたの治療は事前のカウンセリングが重要なので、何でも専門医へご相談ください。

ハニークリニック院長 木村 文彦氏

店舗情報

ハニークリニック

住所
熊本市中央区安政町1‐26 日吉屋ビル4F
TEL
0120‐965‐929
店舗ホームページ
http://www.sc-kumamoto.cc/
営業時間
診療時間/10時~18時30分(完全予約制) ※時間外応相談
休業日
休診/不定
携帯用URL
http://www.sc-kumamoto.cc/m/
TEL
096‐319‐2920
男性泌尿器科専用
0120‐974‐929
備考
※COCOSA向かい、はなまるうどん横。1Fに紺色の置き看板あり