メディカルインタビュー 美容外科編

春は新しい出会いが多い季節。頬や眉間、額のシワを目立たなくすることで、良い印象を持たれたい、自分に自信を持ちたいと望む女性は少なくないそうです。シワの治療法などについて、話を聞きました。

ー今の時季に「シワを治療したい」と希望する方は多いのですか。

長島 はい。顔のシワは目立ちやすいこともあって、新生活を機に、何とかしたいと考えられるようです。そもそもシワは大きく、小ジワ・真皮ジワ・表情ジワの3つに分けられます。小ジワは皮膚が薄い目元や口元に浅く刻まれやすいのですが、スキンケアや生活習慣を見直せば改善が見込めます。これに対し、真皮ジワと表情ジワは、放置していると皮膚に深く刻まれてしまいます。そのため、早めの治療が鍵になります。

ー詳しく教えてください。

長島 真皮ジワとは、加齢や乾燥によって、皮膚がたるんでできるシワのことをいいます。代表されるのが、ほうれい線です。真皮ジワには、水分を保持する役割を持つヒアルロン酸が適しています。ヒアルロン酸を使うことで、溝ができていた皮膚に膨らみを持たせることができます。

ー表情ジワができる原因と治療法とは。

長島 考え事をしているときなどに、無意識に眉間に力が入っているとシワができます。また、まぶたのたるみを引き上げようとすると、おでこの筋肉を使い、結果、額にシワができることがあります。いずれも筋肉の緊張状態が続くことによって、シワが定着してしまいます。このような表情ジワが気になりだしたら、ボツリヌストキシンの注射をおすすめします。ボツリヌストキシンは、シワを作る筋肉をリラックスさせる働きを持っているためです。詳細は専門医にお尋ねください。

ながしまクリニック 院長 長島 秀幸氏

店舗情報

ながしまクリニック

住所
熊本市中央区安政町5-6 SKYビル4F・5F
TEL
096-321-6886(予約制)
店舗ホームページ
http://nagashimaclinic.net/
営業時間
診療時間/10時~19時(最終受け付け18時)
休業日
休診/不定