メディカルインタビュー 美容外科編

暖かくなって薄着になると、自分の体臭や体形がいつも以上に気になる人が多いのでは。この時季に相談者が増えるという「ワキガ・多汗症」と「豊胸」には、“切らない治療”が有効だそうです。詳しく聞きました。

―“切らない治療”とは。

山田 メスを使わずに行う治療のことです。切開の必要がないため傷痕が残らず、体に負担が掛かりません。また、入院することなく、日常生活を送りながら治療できるので、精神的負担も少なくて済みます。特に、手術をためらっている患者さんに推奨しています。

―ワキガと多汗症の「切らない治療」について教えてください。

山田 ワキガや多汗症は、発汗を止めることで改善できます。電磁波を脇や手足などに照射し、点在する汗腺を破壊します。汗腺が機能しなくなるため、半永久的に効果が持続します。治療時間は両脇で約60分。麻酔を使用し、治療中の痛みも軽減できます。通院の必要はありません。このほか、一時的ではありますが、ボトックス注射で汗腺の働きを抑制する方法もあります。治療時間は約10分で、効果は半年間ほどです。

―「豊胸」の場合はどうですか。

山田 ヒアルロン酸の注射や、自分の脂肪を事前に吸引して、バストに注入する方法が挙げられます。いずれも注入量や箇所を細かく調整でき、左右の大きさを整えたり、授乳後にしぼんでしまった部分にハリを与えたりもできます。ヒアルロン酸はもともと体内にある成分なので、半年から1年ほどで体内に吸収されます。自分の脂肪を利用する場合は、注入前に脂肪の不純物や古い細胞を取り除くことで、より長期間バストに定着させることが可能です。体質によって適した治療法が異なるので、まずは専門医にご相談ください。

山田雅明氏

共立美容外科熊本 院長
山田雅明氏

店舗情報

共立美容外科熊本

住所
熊本市中央区水道町5-21 コスギ不動産水道町ビル5F
店舗ホームページ
http://www.kyoritsu-biyo.com/
営業時間
診療時間/月~日曜10時~19時(完全予約制、祝日も平常診療)
休業日
休診/年中無休
女性専用TEL
0120-177-340
男性専用TEL
0120-477-340