メディカルインタビュー 美容外科編

「肌の露出が増える前に、脱毛したい」「透明感のある肌を取り戻し、フレッシュな気持ちで新生活を送りたい」と考える人は、少なくないそうです。治療法について、話を聞きました。

ー脱毛について教えてください。

長島 一般的には、肌にレーザーを照射することで脱毛していきます。レーザーの種類はいくつかあり、それぞれメリットが異なります。「痛みに弱い」「日焼けしている」という方は、ダイオードレーザーによる蓄熱脱毛が適しています。

ー蓄熱脱毛とは。

長島 通常のレーザー照射の場合、毛根のメラニン色素を破壊することによって、脱毛します。これに対し蓄熱脱毛は、毛根よりも浅い層にある「バルジ領域」に向けて、ダイオードレーザーを細かく照射していきます。痛みが少なくて済む上に、発毛因子を作り出すバルジを破壊することで毛の再生を防ぐので、治療回数が短くて済みます。また、照射のターゲットがメラニンではないため、メラニンを多く含む日焼けした状態の肌でも脱毛できます。体毛のお手入れを面倒に感じている方はもちろん、「きれいな姿でドレスを着たい」と、結婚式に向けて産毛のないすべすべな肌を目指す方も多いようです。

ー肌に透明感が欲しい場合は。

長島 微弱な電流を肌表面に当てることで、細胞膜内の間隙(かんげき)から美容液を通過させ、肌深部に浸透させるエレクトロポレーション(電気穿=せん=孔法)という治療法があります。有効成分が皮下組織の奥深くまで浸透するので、肌にうるおいやハリが出ます。この治療法は痛みの心配がないほか、使う美容液の種類によってはニキビや妊娠線にも対応できます。詳細は専門医にお尋ねください。

ながしまクリニック 理事長 長島 秀幸氏

店舗情報

ながしまクリニック

住所
熊本市中央区安政町5-6 SKYビル4F・5F
TEL
096-321-6886(予約優先)
店舗ホームページ
https://nagashimaclinic.net/
営業時間
診療時間/10時~19時(最終受け付け18時)
休業日
休診/不定休(日曜診療あり)