メディカルインタビュー 産科・婦人科編

女性が閉経を迎えると、更年期症状が現れることがあります。さまざまな症状の中で、今回は不眠について専門医に詳しく聞きました。

ー閉経のメカニズムとは。

牛島 女性の性周期は、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)でコントロールされ、これらは眠気の抑制や促進など、睡眠中枢にも大きく影響します。多くは40代後半~50代前半には月経が止まり、その時期が近づくと卵巣機能が低下します。エストロゲンの分泌が急激に減り、排卵も起こらなくなります。これが閉経です。

ーなぜ、不眠につながるのですか。

牛島 卵巣からエストロゲンが出なくなると、脳が「卵巣を刺激しろ」と指令を出します。大量の卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンが卵巣を刺激しますが、エストロゲンは出ません。その結果、脳が過興奮状態になり、自律神経が乱れて不眠などが現れるのです。症状が重い更年期障害では、のぼせ・ほてりなどの身体症状と同様、入眠障害や夜中に目が覚める中途覚醒が高頻度で現れます。睡眠障害と身体症状は互いに作用し、睡眠障害が改善すると、身体症状も和らぐことが多いようです。

うしじまクリニック 院長 牛島 英隆氏

うしじまクリニック 院長 牛島 英隆氏

ーきちんと睡眠を取るためには。

牛島 まず、カーテンで外の音や光を遮断し、寝具を清潔にするなど、快適な空間をつくりましょう。また、夜になると睡眠をもたらすホルモン・メラトニンも重要です。朝に日光を浴びることで、たくさん分泌されます。治療法にはホルモン補充療法(HRT)がありますが、不正出血などの副作用には注意してください。副作用がないサプリメントもあり、エストロゲンと似た働きのエクオールや、睡眠物質のグリシンを含んだものが有効です。症状は我慢せず、早めに専門医に相談しましょう。

店舗情報

医療法人 英会 うしじまクリニック

住所
熊本市南区田迎4-7-23(平成けやき通り沿い)
TEL
096-379-2727
店舗ホームページ
http://www.ushijima-cl.com/
営業時間
平日9時~12時30分/14時~18時 土曜9時~12時30分/13時30分~15時30分
休業日
水曜/午後休診  日・祝/休診