メディカルインタビュー 歯科編

子どもの前歯がデコボコしていたり、出っ歯だったりすると、矯正した方がいいのか悩みますよね。歯並びが悪くなる原因や治療法について、話を聞きました。

―子どもの歯並びが悪くなる原因は何でしょうか。

甲斐田 子どもの歯並びが悪いのは、親の遺伝だと思っていらっしゃる方が多いようです。しかし実際には、口呼吸や指しゃぶりなどの癖、姿勢などが原因になることが多いのです。口を開けていることが多い、いつも同じ方向を向いて寝る、テレビを見ながら食事をする―などの習慣も歯並びに影響します。

―歯並びを治す治療法について教えてください。

甲斐田 自由診療になりますが、マイオブレースと呼ばれるマウスピースの使用と、アクティビティー(筋機能訓練)による治療法をおすすめします。姿勢や呼吸、嚥下(えんげ)などを見直すことで、お子さんの歯並びに関係する筋肉の動きが正され、歯並びを良くすることができます。

―どのような点がこの治療法の特長ですか。

甲斐田 マイオブレースは取り外しができ、使用するのは日中の1時間と就寝中だけなので、周囲に気付かれにくいです。歯並びを悪くしている原因そのものを直すため後戻りがしにくく、個人差はありますが、約2~3年と比較的短期間で歯並びの改善が期待できます。また、乳歯から永久歯に生え替わる6歳から9歳くらいまでがこの治療法に適した年齢といえます。家族が理解し協力しながら、継続して生活習慣を見直すことも大切です。お子さんの歯並びで気になることがあれば、早めに歯科医にご相談ください。

ひかる歯科ちえこども歯科 副院長 甲斐田 知映氏

店舗情報

ひかる歯科ちえこども歯科

住所
熊本市中央区国府2‐17‐41
TEL
096-364-1180
店舗ホームページ
https://hikarushika.com/
営業時間
(診療時間)月曜~土曜9時30分~13時30分・15時~19時 ※水曜は午後休診
休業日
日曜、祝日
駐車場
あり(9台)
備考
※キッズ専用ルーム、授乳室あり