メディカルインタビュー 美容外科編

体にコンプレックスを抱えて、日常生活をスムーズに過ごせない人もいるのでは。「ワキガ・多汗症」と「豊胸」は、手術しない治療法があるそうです。詳しく話を聞きました。

─ワキガなどを、手術せずに治療できるそうですね。

山田 はい、そうです。以前はメスで切開していた症状でも、レーザーや注射を使うことで治すことができるようになりました。メリットとしては、ダウンタイム(回復期間)が短くて済む、傷痕が残らない、入院が不要―などが挙げられます。

─ワキガや多汗症はどのように治療しますか。

山田 どちらも汗が原因ですので、発汗を抑える治療を行います。一時的な改善を希望するなら、ボトックスを注入する方法があります。施術時間は両脇で約10分、効果は半年間ほどです。長期的な効果を求める方には、レーザーがいいでしょう。発汗を止めたい部分に照射して汗腺を破壊することで、半永久的に効果が持続します。両脇の場合は、約60分で施術が終了します。いずれも、乳輪のニオイや手足の多汗症を治療することもできます。

共立美容外科熊本        院長 山田 雅明氏

─豊胸を希望する場合は。

山田 ヒアルロン酸や自分の脂肪をバストに注入する方法があります。いずれも体内に存在する成分なので、拒絶反応が起こることはほぼありません。ヒアルロン酸は、1~2年かけて体内に吸収されます。脂肪細胞の場合、不純物や古い細胞を取り除いておくと、より長期間定着させられます。どちらの方法でも注入する量や箇所を細かく調整できるので、しぼんでしまった部分にハリを与えたり、左右のバランスを整えたりできます。治療法はさまざまなので、専門医と相談した上で選択しましょう。

店舗情報

共立美容外科熊本

住所
熊本市中央区水道町5-21 コスギ不動産水道町ビル5F
店舗ホームページ
http://www.kyoritsu-biyo.com/
営業時間
診療時間/月~日曜10時~19時(完全予約制、祝日も平常診療)
休業日
休診/年中無休
女性専用TEL
0120-177-340
男性専用TEL
0120-477-340