メディカルインタビュー 美容外科編

薄着になる夏は、いつにも増して体のコンプレックスが気になりがち。「脇からの汗が気になる」「昔入れたタトゥーを消したい」など、デリケートな悩みは“切らない治療”で改善できるそうです。治療法について聞きました。

─ワキガや多汗症の原因とは。

山田 ワキガは、脇の汗腺から出た汗が皮膚の常在菌によって分解されるときに、嫌なニオイを発生するのが原因です。また、多汗症は、脇や手足などの部位にかかわらず、汗腺の発汗量の異常によって引き起こされます。治療法はさまざまですが、近年では入院する必要のない“切らない治療”が多く用いられています。

─ワキガや多汗症はどのように治療しますか。

山田 レーザーを使用する場合は、脇に照射して点在する汗腺を破壊します。汗腺自体が機能しなくなるため、効果は半永久的です。施術時間は両脇で約60分。一時的に発汗を抑えたい方には、ボトックス注射が適しています。効果は半年ほど続き、施術は両脇の場合、約10分で完了します。これらの方法は、手足の多汗症や乳輪のニオイにも有効です。

共立美容外科熊本        院長 山田 雅明氏

─入れ墨(タトゥー)も切らずに除去できるそうですね。

山田 はい。最近は特に、若い頃ファッション感覚で入れたタトゥーを、就職や結婚を機に消したいという20~30代の方からの相談が増えています。レーザーで色素を破壊することで徐々に薄くしていき、2~5回の施術でかなり薄くなります。アートメーク(眉の入れ墨)も治療できますが、レーザーで消せるのは黒・赤・青・茶の4色です。“切らない治療”は切開手術と比べて、体への負担が少なく、傷痕が残りにくいなどメリットが多い方法です。手術への不安から治療をためらっている方は、専門医に相談してみてはいかがでしょうか。

店舗情報

共立美容外科熊本

住所
熊本市中央区水道町5-21 コスギ不動産水道町ビル5F
店舗ホームページ
http://www.kyoritsu-biyo.com/
営業時間
診療時間/月~日曜10時~19時(完全予約制、祝日も平常診療)
休業日
休診/年中無休
女性専用TEL
0120-177-340
男性専用TEL
0120-477-340