メディカルインタビュー 美容外科編

例年に比べ暑さが厳しいといわれる今年の夏。「ワキガ・多汗症」や「シミ・シワ・たるみ」に悩んでいても、治療に切開手術が必要となると、踏み切れない人も多いのでは。切る必要がない治療法について聞きました。

─切開手術の必要がない“切らない治療”があると聞きました。

山田 はい。“切らない治療”とは、注射やレーザーなどを使って、切開せずに症状を改善する方法です。切開手術に比べると、体への負担が少ない、傷痕が残りにくい、通院での治療が可能、不安感が少ないなど、メリットが多い方法です。

─「ワキガ・多汗症」の治療はどのように行いますか。

山田 レーザーを脇に照射し、汗腺を破壊します。汗腺自体が機能しなくなるため、半永久的に効果が持続します。治療時間は両脇で60分ほどです。また、ボトックスを脇に注入し、一時的に働きを抑える方法もあります。効果は約半年で、施術は両脇だと10分程度で完了します。手足の多汗症や乳輪からのニオイにも有効です。

共立美容外科熊本        院長 山田 雅明氏

─「シミ・シワ・たるみ」が気になる場合は。

山田 「シミは、レーザーを当てて原因となるメラニン色素を破壊することで薄くしていきます。しかし、肝斑だった場合は反対に濃くなってしまうので、正確な診断が必要です。シワの場合、ちりめんジワや表情ジワなど、状態に合わせて治療を行います。ヒアルロン酸を注入してシワの溝を押し上げたり、ボトックスで表情筋の動きを一時的に抑えたりする方法があります。また、たるみには超音波が効果的です。肌の筋層に照射して刺激し、たるんだ皮膚を持ち上げることができます。一人一人の症状によって治療法が異なるため、専門医との相談をお勧めします。

店舗情報

共立美容外科熊本

住所
熊本市中央区水道町5-21 コスギ不動産水道町ビル5F
店舗ホームページ
http://www.kyoritsu-biyo.com/
営業時間
診療時間/月~日曜10時~19時(完全予約制、祝日も平常診療)
休業日
休診/年中無休
女性専用TEL
0120-177-340
男性専用TEL
0120-477-340