メディカルインタビュー 美容外科編

老けた印象を与える顔のたるみ、目立ちやすいニキビなどの肌荒れ…。いずれも化粧ではカバーしにくいこともあって、悩む女性は多いそうです。リフトアップと肌荒れの治療法について聞きました。

ー顔のたるみを、切らずに引き上げる治療法があるそうですね。

長島 皮膚の中で溶けるよう加工された糸を使って、フェースラインのたるみを引き上げていきます。多方面に向く突起が付いている糸の場合、この突起が皮膚組織に引っかかることで、しっかりリフトアップできます。また、皮膚組織が刺激されることによりコラーゲンの生成も促進され、肌にハリが出ます。さらに、たるみの予防も期待できます。

ー切る治療法も教えてください。

長島 こめかみから耳の軟骨に沿って切り込みを入れます。頬まで切ったら皮膚を剝離し、筋膜層を引き上げます。余った皮膚を切り取って終了。この治療法は、治療箇所が髪に隠れるため、傷痕が目立たなくて済みます。

ー今の時季、肌荒れが気になる方が多いようです。

長島 今年は猛暑だったので、心身共に疲れを感じている方は少なくなく、ニキビや吹き出物に悩んでいるという声も多く聞きます。ニキビは、皮脂が過剰分泌したり、ストレスなどで肌のターンオーバーが乱れたりすることによってできます。

ーどうやって治療しますか。

長島 窒素ガスをプラズマ(イオン化した気体)状にして皮膚に照射します。真皮層に熱を加えることでコラーゲンやエラスチンの産生、肌のターンオーバーが促進され、肌全体のきめが整います。炎症しているニキビやニキビ痕、肌荒れ、毛穴の黒ずみなど肌トラブルの改善が期待できます。詳細は専門医にお尋ねを。

ながしまクリニック 院長 長島 秀幸氏

店舗情報

ながしまクリニック

住所
熊本市中央区安政町5-6 SKYビル4F・5F
TEL
096-321-6886(予約制)
店舗ホームページ
http://nagashimaclinic.net/
営業時間
診療時間/10時~19時(最終受け付け18時)
休業日
休診/不定