メディカルインタビュー 美容外科編

見た目の印象を左右する顔のシワ、たるみ。シワは大きく3種類に分けられ、それぞれ原因や治療法が異なるそうです。また、たるみの治療法もいくつかあるようです。詳しく話を聞きました。

ーシワの種類を教えてください。

長島 はい。「小ジワ」「表情ジワ」「真皮(加齢)ジワ」の3種類に分けられます。小ジワは皮膚が薄い目元や口元に現れやすいのですが、スキンケアや生活習慣を見直せば、改善が見込めます。これに対し表情ジワと真皮ジワは、放置すると皮膚に深く刻まれてしまいます。そのため、早めの治療が鍵になります。

ーどのように治療しますか。

長島 表情ジワとは、無意識に眉間に力が入ってできたシワなどのことを指します。この場合、シワを作る筋肉をリラックスさせる働きを持つ、ボツリヌストキシンの注射をお勧めします。また、真皮ジワとは、加齢や乾燥によって皮膚がたるんでできるシワのことをいいます。代表されるのがほうれい線で、真皮ジワには水分を保持する役割を持つヒアルロン酸が適しています。

ー顔のたるみを、切らずに引き上げる治療法があるそうですね。

長島 皮膚の中で溶けるよう加工された糸を使って、フェースラインのたるみを引き上げていきます。多方面に向く突起が付いている糸の場合、この突起が皮膚組織に引っかかることで、しっかりリフトアップできます。また、皮膚組織が刺激されることによりコラーゲンの生成も促進され、肌にハリが出ます。

ー切る場合はどうしますか。

長島 こめかみから耳の軟骨に沿って切り込みを入れます。頬まで切ったら皮膚を剝離し、筋膜層を引き上げます。余った皮膚を切り取って終了です。詳細は専門医にお尋ねを。

ながしまクリニック 理事長 長島 秀幸氏

店舗情報

ながしまクリニック

住所
熊本市中央区安政町5-6 SKYビル4F・5F
TEL
096-321-6886(予約優先)
店舗ホームページ
https://nagashimaclinic.net/
営業時間
診療時間/10時~19時(最終受け付け18時)
休業日
休診/不定休(日曜診療あり)