メディカルインタビュー 歯科編

近年、インプラント治療(自由診療)にデジタル技術が応用され、精密かつ迅速な治療計画の作成が可能になっているそうです。治療の流れなどについて、専門医に聞きました。

─最新のインプラント治療について教えてください。

前田 インプラント治療において、デジタル技術を使用した手術方法が、最近よく用いられるようになりました。治療の流れは、まずCTや口腔(こうくう)内スキャナーで取得したデータを基に、コンピューター上で理想的なインプラントの位置を細かくシミュレーションします。その後、手術用のガイドを作成し、患者さんの口内に装着してインプラントを埋め込みます。

─メリットは。

前田 通常の手術は、フリーハンドで行うため、術者の手ぶれの影響を受けやすいといえます。しかし、この方法はガイドに沿ってドリルを進めるため、手ぶれによる影響をほとんど受けません。また、CTだけでなく口腔内スキャナーを用いることで、精密かつ迅速にインプラント手術の計画を立てられます。術後のかみ合わせや審美性を高めるためにも、インプラントを適切な位置に埋め込むことは非常に重要です。

─「手術が怖い」という声も聞かれます。

前田 患者さんの状態にもよりますが、顎の骨や硬い歯肉が残っていれば、必ずしも歯肉を大きく切る必要はありません。周囲の人の話などから、インプラント治療にマイナスイメージを持っている人は少なくないようです。不安を解消した上で、口腔内全体の状況をしっかりと把握し、今後の変化を予測しながら治療プランを立てることが大切です。まずは専門医にご相談ください。

熊本パール総合歯科クリニック 理事長/総院長 前田 明浩氏

店舗情報

熊本パール総合歯科クリニック健軍院

住所
熊本市東区健軍3-24-22
TEL
0120‐177‐461
店舗ホームページ
http://www.par-dc.jp/
営業時間
診療時間/月曜~土曜9時30分~12時30分・14時~18時30分、日曜9時30分~12時30分・13時30分~17時30分 
休業日
水曜、第2・4日曜、祝日は休診
備考
※無料託児ルーム(要予約)完備 ※大江院、宇土院もあり