メディカルインタビュー 美容皮膚科編

ほうれい線や目尻のシワなど、シワの悩みは人それぞれ。さまざまな治療法がありますが、シワができた場所や目的などによって、治療の薬剤も変わってくるのだそうです。詳しく話を聞きました。

─シワの治療には、主にどのようなものがあるのでしょうか。

宮谷 まずは、ボツリヌス・トキシンを注射する方法です。特に眉間や目尻などの表情によるシワに有効で、幅広い年齢の方に適用できるのが特徴です。治療後2日~1週間で効果が見られ始め、3~4カ月で効果が切れますが、治療を繰り返すことで、効果が持続するようになります。また、シワの予防効果も期待できます。

─このほかの治療法は。

宮谷 ほうれい線でお悩みの方には、ヒアルロン酸注射がお勧めです。ヒアルロン酸注射は種類が豊富なため、診察し、治療箇所や目的を考慮した上で、適切な薬剤や注入量を判断します。効果の持続性についても、数週間~2年ほど続くものまでさまざまです。ボツリヌス・トキシン注射やヒアルロン酸注射をシワの状態に応じて使い分けたり、場合によっては併用したりしながら、患者一人一人に合わせたオーダーメードの治療法で改善を目指します。

─治療時の痛みが気になります。

宮谷 痛みを抑えるため、ボツリヌス・トキシン注射やヒアルロン酸注射には細い針を使用しますが、それでも痛みが気になる方には表面麻酔を施します。シワが深くなる前に治療を始めることで、さらなるシワを予防でき、治療の効果も高まります。また、術後の状態が気に入らない場合でも、原則として効果が切れれば元に戻り、この点は治療におけるメリットともいえます。まずは気軽に専門医までご相談ください。

品川スキンクリニック 熊本院 院長 宮谷 孝幸氏

品川スキンクリニック 熊本院 院長 宮谷 孝幸氏

店舗情報

品川スキンクリニック 熊本院

住所
熊本市中央区紺屋今町1-1 シティ12ビル5F
TEL
0120-433-800
店舗ホームページ
https://shinagawa-skin.com
営業時間
【診療時間】10時~19時(22時まで電話予約可)
備考
●土日・祝日も診療●予約制●各種クレジットカード取扱●無料カウンセリング