メディカルインタビュー 産科・婦人科編

「避妊をせずに性交してしまった」「避妊に失敗した」…。このような場合、望まない妊娠を回避するための「緊急避妊」について専門医に聞きました。

―「緊急避妊」の方法とは。

牛島 最も一般的なのは、「緊急避妊ピル」を使った方法です。性交後72時間以内に服用することで、成分の黄体ホルモン(レボノルゲストレル)が排卵を抑制し、受精を妨げます。国内の最新のデータでは、妊娠率は0.7%と低いですが、完全に妊娠を防止するわけではありません。あくまで緊急用の最終手段で、経口避妊薬を継続的に服用するほうが、さらに妊娠率が低いです。また、受精卵が子宮内膜に着床(=妊娠)してしまった後では効果がありません。

―安全性や副作用が気になります。

牛島 1970年代半ばから、世界中で一般的に使用されている薬です。ただし、①「緊急避妊ピル」を飲んで過敏症になった経験がある方②肝障害がある方③妊娠中の方は服用できません。副作用としては吐き気があります。もし、服用後2時間以内に戻してしまったら効果がなくなるので、追加の服用が必要です。

―そのほか注意点はありますか。

牛島 「緊急避妊ピル」の作用は排卵を抑えたり、遅らせたりするもので、残念ですが効果はすぐに分かりません。服用後、数日~数週間して月経があり、初めて分かるというわけです。つまり、月経が起こるまでは性交渉を避けなければなりません。もし、月経が予定より1週間以上遅れる、いつもより出血が少ない(着床出血の可能性があります)という場合は妊娠反応検査をしてください。もし妊娠しても、異常妊娠や赤ちゃんへの影響はありません。また、最近はネット通販で入手できるようですが、必ず専門の医療機関で処方してもらいましょう。

うしじまクリニック 院長 牛島 英隆氏

うしじまクリニック 院長 牛島 英隆氏

店舗情報

医療法人 英会 うしじまクリニック

住所
熊本市南区田迎4-7-23(平成けやき通り沿い)
TEL
096-379-2727
店舗ホームページ
http://www.ushijima-cl.com/
営業時間
平日9時~12時30分/14時~18時 土曜9時~12時30分/13時30分~15時30分
休業日
水曜/午後休診  日・祝/休診