メディカルインタビュー 美容皮膚科編

シワには種類があり、それぞれの原因によって治療法が異なるそうです。また、シワの原因の一つであるたるみも、レーザーやヒアルロン酸の少量注入など治療法が選べるそう。専門医に詳しく聞きました。

―シワにはいくつか種類があるそうですね。

中村 表情ジワとたるみによるシワの2種類があり、それぞれ治療法が異なります。表情ジワは、眉間の縦ジワ、額の横ジワ、目尻の笑いジワの3つが、特に治療希望が多い部位です。これらの治療には、ボトックスという製剤を少量注射して筋肉の動きを抑える方法があります。持続期間は約3カ月ですので、効果を継続させるためには、年に3回ほど注射することが望ましいといえます。

―たるみによるシワの治療法は。

中村 鼻から口にかけてのシワや〝ブルドッグ犬〟を思わせるシワは、たるみが原因です。こうしたシワには、高周波を顔全体に照射し、肌の奥深くに高熱を与えて蓄熱させることで、コラーゲンの生成を促し、細胞を活性化させる治療法が効果的です。1~2年に1度施術を受けて、たるみを予防します。この治療法は、痛みも腫れもほとんどありませんが、効果が現れるのに少し時間がかかります。

かよこ・クリニック 院長 中村 佳代子氏

―ヒアルロン酸を注入する方法もあるそうですね。

中村 はい。即効性を期待される人には、ヒアルロン酸を注入する治療法をおすすめします。頬や顎などの立体感を出すようにヒアルロン酸を点々と注射し、シワがある部分にはごく少量を足して注入します。シワやたるみの治療にはさまざまなタイプがありますので、それぞれのメリット・デメリットを理解した上で選ぶことが大切です。まずは専門医にご相談ください。

店舗情報

かよこ・クリニック

住所
熊本市中央区上通町1-17 ソネットビル2F
TEL
096-324-2415
店舗ホームページ
https://www.nakamura-biyou.com/
備考
予約制/女性専門 火曜日は21時まで診療