メディカルインタビュー 美容皮膚科編

クリスマスや忘・新年会など、人と会う機会が増える今の時季。久しぶりに会う人から「顔がたるんだ?」「加齢太り?」などと思われないか、悩む人は少なくないそうです。そこで、治療法について話を聞きました。

―人と会う際に自分の外見が気になるという声を聞きます。

山尾 加齢などによる顔のたるみや体形の変化は、比較的目に付きやすいため、気にされる方は多いですね。特に忘年会や同窓会など多くの人と会う場面では、ストレスを感じることもあるようです。

―顔のたるみをリフトアップする治療法を教えてください。

山尾 HIFU(高密度焦点式超音波)という医療機器を使って、真皮層と筋膜層を同時に刺激します。浅い層から深い層までしっかり引き締めるので、特に、顎下や頬のたるみに有効です。「年を重ねるごとに頬がたるんで、顔が四角形になった」と感じる方に適していますよ。

山尾 依子氏

ワイズ スキンケアクリニック 院長
山尾 依子氏

―顎や二の腕など体の脂肪は、どう除去しますか。

山尾 複数のアミノ酸の結合体・ペプチドを、気になる部位に注射する痩身(そうしん)治療法があります。ペプチドは、体内に蓄積された脂肪の分解を促すと同時に、新たな脂肪の合成を抑制させる働きがあります。注射後、2週間かけて体内に浸透し、脂肪を除去していきます。先ほどお伝えしたHIFU治療と併用すると、より効果が期待できるでしょう。

―バストのハリを取り戻す治療法もあると聞きました。

山尾 授乳後や加齢でハリがなくなったバストには、皮膚内に薬剤を浸透させるマッサージピールという治療法と、ダイオードレーザー・RF(高周波)の同時照射が適しています。詳細は専門医にご相談ください。

店舗情報

ワイズ スキンケアクリニック

住所
熊本市中央区手取本町11-1 テトリアくまもと銀染コアビル6階
TEL
0120-741-666
営業時間
9時~18時(完全予約制)
休業日
木曜、土・日曜、祝日は不定休