メディカルインタビュー 美容外科編

「頑張った自分へのご褒美に」「親戚・仕事の付き合いで…」などの理由で、年末年始は暴飲暴食してしまいがち。体重が増えたり、疲れがたまったりする方は少なくないそうです。体をスッキリさせる治療法を聞きました。

ー腰回りのぜい肉など、脂肪を除去する治療法を教えてください。

長島 さまざまな治療法がありますが、体にメスを入れるのに抵抗がある人には、切らない、そして触らない脂肪除去法がおすすめです。1秒間に約2700万回の高周波エネルギーを照射する温熱機器を使い、体に触れることなく、おなかや腰回り、太ももなどの脂肪細胞を加熱していきます。治療中はじんわりと温かさを感じる程度で、痛みはほとんどありません。30分ほどすると脂肪細胞は壊死(えし)し、照射後2週間~1カ月たつと、尿や汗と一緒に体外へ排出されます。体内にある脂肪細胞の数が減るため、リバウンドしにくいのが特長です。数回行えば、より違いを実感できるでしょう。

ー体の疲れや肌荒れに有効な点滴療法があると聞きました。

長島 はい、グルタチオンというタンパク質を体内に注入する方法があります。グルタチオンには強い抗酸化作用やデトックス効果があり、シミ予防、疲労回復、肌荒れなど肌トラブルの改善が期待できます。

ー顔がたるんでいると、疲れているようにも見えますよね。

長島 そう見えてしまうこともあるようです。リフトアップの治療法は、いくつかあります。皮膚を切らずに済む治療法の中でも注目を集めているのが、HIFUという高密度焦点式超音波を使った治療法です。従来の照射機器では届かなかった、皮下組織の筋膜に働きかけることができます。詳しくは専門医にお尋ねください。

ながしまクリニック 理事長 長島 秀幸氏

店舗情報

ながしまクリニック

住所
熊本市中央区安政町5-6 SKYビル4F・5F
TEL
096-321-6886(予約制)
店舗ホームページ
http://nagashimaclinic.net/
営業時間
診療時間/10時~19時(最終受け付け18時)
休業日
休診/不定