メディカルインタビュー 外科編

心身の不調に合わせ、多様な療法から選択する統合医療。近代西洋医学と併用できる療法に、「ラドン温湿浴」があります。治療について聞きました。

─ラドン温湿浴について教えてください。

上村 ラドンは空気中にも含まれる無味無臭、無色の気体です。ラドンからは、長期間浴びても人体に影響のない程度の低線量放射線が出ており、温泉成分に含まれた場合、ラジウム温泉と呼ばれます。日本では、特定の病気の治療や症状の緩和を目的とする「湯治」に利用され、古くから各地に存在します。この特性を利用した療法の一つが「ラドン温湿浴」です。保険適用外の自由診療になります。

─治療の流れは。

上村 ラドンを含む水を100㏄ほど飲み、シャワーで体の汚れを流した後、ラドン温湿浴ルームに入り、約40分間、横になって過ごします。室内はラドンから放射される低線量放射線と水蒸気が漂い、温度38℃、湿度70%の岩盤浴のようなイメージです。血流が良くなり、リラックス効果が期待できるほか、ラドンを水蒸気と一緒に体内に取り入れることで、抗酸化システムが活性化すると証明されています。

阿蘇立野病院 理事長・院長 上村 晋一氏    日本外科学会認定外科専門医

ー治療を受ける際の注意点はありますか。

上村 体がだるい、気分が優れないなどの反応が出る場合もありますが、これらは一時的なものなので、ほとんどの場合、心配いりません。また、妊娠中の方など治療を受けられない場合もありますので、治療前に必ずカウンセリングが行われます。一度で症状が改善することは難しく、様子を見ながら継続する必要があります。

─他の治療法と組み合わせることが可能だとか。

上村 はい。がん治療の目的で行われる手術療法や薬物療法、放射線治療などとも併用することもできます。このような療法は「ラドン温湿浴」のほかにも、オゾンの力で血液を活性化させ、抗酸化力の増強を促す「オゾン療法」、人の胎盤から抽出した、肝疾患にも有効な成分とされるプラセンタを注入する「プラセンタ療法」など、多様な療法があります。また近年、「予防医学」の観点から医療現場にヨガを取り入れる例も少なくありません。ヨガは健康な人はもちろん、病気やけがを抱えていても取り組みやすいのが特徴です。緊張から弛緩への運動の流れや、呼吸法によって、過度に優位になった交感神経を副交感神経優位の状態を導き、自律神経のバランスを取り戻していきます。いずれも近代西洋医学を前提に、心身の不調や症状に合わせて選択し、統合的に検討する必要があります。不明な点は事前に電話で聞くと安心ですね。詳しくはご相談ください。

店舗情報

阿蘇立野病院

住所
阿蘇郡南阿蘇村立野185-1
TEL
0967-68-0111
店舗ホームページ
https://asotateno.ecgo.jp/
営業時間
9時~12時30分、15時~17時30分
休業日
日曜、祝日