メディカルインタビュー 美容皮膚科編

 いつの間にか顔にできた肝斑。気付けば少しずつ濃くなっているような…。目立つ場所にできる肝斑を、どうにかしたいと悩む女性は多いようです。治療法について詳しく聞きました。

─肝斑について教えてください。

山尾 肝斑とは、頬骨や額に左右対称にできる茶色の地図状のシミのことです。主にホルモンバランスの乱れによってできるとされ、紫外線によって濃くなるともいわれています。肝斑は通常のシミ治療を行うと逆に濃くなってしまう場合があるため、医師による見極めが重要です。

─治療法を教えてください。

山尾 まず、顔全体に低出力のレーザーを照射する方法です。皮膚内の上層部にあるメラニンがレーザー照射によってダメージを受け、肌のターンオーバーの際に外部へ排出されます。回数を重ねるにつれ深部のメラニンも排出され、肝斑は薄くなっていきます。また、ピーリング剤を皮膚に浸透させる治療法もあります。さらに、これらの治療と薬を併用することで、改善をより促します。今まで主流だったハイドロキノンの使用に抵抗がある方にも、トラネキサム酸、フェラル酸、フィチン酸などを配合した新しい外用剤や、内服薬などがあります。

山尾 依子氏

ワイズ スキンケアクリニック 院長
山尾 依子氏

─他にも有効な治療法があるそうですね。

山尾 はい。機械を使って、皮膚の表面に均等の深さで美容成分を注入する「水光注射」があります。注入される成分はヒアルロン酸・ビタミン・ミネラルなど多岐にわたっており、肝斑だけでなく、「乾燥した肌に潤いが欲しい」「キメを整えたい」「ツヤやハリが欲しい」などの悩みにも対応します。一人一人の悩みに合わせて医師が調合しますので、詳しくは専門医にご相談ください。

店舗情報

ワイズ スキンケアクリニック

住所
熊本市中央区手取本町11-1 テトリアくまもと銀染コアビル6階
TEL
0120-741-666
店舗ホームページ
http://www.ys-skin.com/
営業時間
9時~18時(完全予約制)
休業日
木曜、土・日曜、祝日は不定休