メディカルインタビュー美容外科編

春といえば、出会いの季節。額や頬、首のたるみを改善することで、自信を持って新しい出会いに臨みたいという女性も多いそうです。そこで、リフトアップの治療法について詳しく聞きました。

─たるんだ頬や額を、切らずに引き上げる治療法があるそうですね。

長島 切らない治療法を選ぶ人が増えています。皮膚の中で溶けるよう加工された糸を使って、額や頬など、気になるフェースラインのたるみを引き上げていきます。糸にはコラーゲンや成長因子が含まれているものもあり、皮膚内に挿入することで組織に刺激を与えるとともに、コラーゲンの生成を活性化させます。たるみやシワが改善されるほか、皮膚そのものに弾力が生まれ、ツヤも出てきます。さらに、たるみの予防も期待できます。施術後の腫れは少なく、傷痕も目立ちません。

─その他に切らない治療法はありますか。

長島 注目を集めているのが、HIFUという高密度集点式の超音波を使った治療法です。従来の照射機器では届かなかった、皮下組織の筋膜に働きかけることができます。顔や首のリフトアップが促されるだけでなく、毛穴も引き締まります。もちろん、二の腕など体のたるみにも有効です。また、この機器は発汗を抑えることも可能で、汗腺の一つであるアポクリン腺に向け照射することで、1回でも効果が期待できます。

ながしまクリニック 院長 長島 秀幸氏

─切る治療法も教えてください。

長島 こめかみから耳の軟骨に沿って切り込みを入れます。頬まで切ったら皮膚を剝離し、筋膜層を引き上げます。余った皮膚を切り取って終了です。この治療法だと傷痕が目立ちにくく、たるんだ顔をしっかりと引き上げられます。詳しくは専門医にお尋ねください。

店舗情報

ながしまクリニック

住所
熊本市中央区安政町5-6 SKYビル4F・5F
TEL
096-321-6886(予約優先)
店舗ホームページ
https://nagashimaclinic.net/
営業時間
診療時間/10時~19時(最終受け付け18時)
休業日
休診/不定休(日曜診療あり)