ダイエットの味方! 低糖質にこだわったサラダ&ステーキ専門店

最近、じわじわと3㎏太っていたことが発覚(泣)。食事制限をしたいけど、外食せざるを得ない日も多く…。そんな時、街なかに健康志向のお店がオープンしたと聞き、行ってみました!

『ロカボックス』は、ローカーボ(低糖質)の料理にこだわったサラダとステーキの専門店。サラダは自分好みにカスタムでき、県産が中心の野菜、果物、チーズ、ローストビーフなどから選べます。私が訪ねた時は、ケールやドラゴンフルーツといったちょっと珍しい食材を選びました。ドレッシングも5種類そろい、その組み合わせは600万通り以上だとか! ボウルサイズなので食べ応えは十分です。

また、ステーキには、高タンパク・低脂質な鶏ムネ肉や、植物性飼料で育った赤身肉が使われているので安心。低糖質のパンやドリンクも付けられますよ。食べ過ぎた日の翌日や、野菜不足のときにもいいですね。

「自家製ローストビーフのサラダ」(写真手前)、「皮なし鳥むね肉ステーキ」各880円(税別)。セットメニューもあり

ソファタイプのボックス席とテーブル席を完備

カウンター席から街行く人を観察できるのが、個人的に高ポイント(笑)

オーナーの曽我大樹さんは、医師に食生活の改善を勧められたことを機に、糖質制限ダイエットを開始。半年で12㎏以上の減量に成功しましたが、外食ができないなどのストレスを感じたそうです。それをきっかけに、飲食店経営の経験を生かしてこの店をオープンさせました。「糖尿病治療専門の医師などに相談し、栄養バランスが取れたメニューを考案しました」

2階建ての同店は、2階がメインフロア。木がふんだんに取り入れられた、ナチュラル系カフェのような雰囲気です。ボックス席のほか、カウンター席もあるので、〝おひとりさま〟でも気兼ねなく食事できますよ。2階へ上がるらせん階段には消費カロリーがデザインされていたり、野菜のウォールアートが描かれていたりするなど、内装にも工夫が満載です。

ダイエット中の人はもちろん、ジムのインストラクターなど、体を鍛えている人にも好評です。今後はお客さんの意見を取り入れ、新メニューやサービスを開発する予定。スイーツも登場するそうなので、これからが楽しみですね♪

思わず上りたくなる階段の消費カロリー表示

[取材協力]


ぷにゃ子

アラサー女性ライター。先日買い物しながら、「食べても太らないスイーツないかな~」とひとり言。欲望がもれてた(笑)