メディカルインタビュー 美容外科編

鼻の形や一重、疲れた印象を受ける目の下の膨らみといった容姿の悩みは、夏休みなどの長期休暇に施術を受け、解消する人が多いそうです。それぞれの施術法について聞きました。

─鼻の形を整える方法について教えてください。

長島 はい、いくつか方法があります。まず、だんご鼻でお悩みの場合、最初に鼻の穴の縁に数ミリの切り込みを入れます。その後、鼻柱(鼻の穴の間にある軟骨部分)の余分な脂肪を取り除き、左右の軟骨を縫合することでシャープな鼻を形成します。鼻の穴を小さくしたいときは、鼻の穴や鼻翼(鼻の両側の膨らみ)の一部を切り取ります。このほか、切らない方法や鼻筋を高くする方法もあるので、自分の悩みや状態に合った治療法を専門医と一緒に選ぶようにしましょう。

ながしまクリニック 理事長 長島 秀幸氏

ながしまクリニック 理事長 長島 秀幸氏

─二重まぶたにする施術は、どのようなものがありますか。

長島 一般的なのは、まぶたを糸で縫い付けて二重にする埋没法です。重たい印象の一重まぶたをパッチリとした二重まぶたにするには、通常3点留めを行います。ですが、その人の骨格や皮膚、脂肪の付き方などによっては、まぶたを縫い付ける際の場所・点数や、治療法を変える必要があります。

─気になる目の下の膨らみを取りたい場合は。

長島 若くても、目の下の膨らみのせいで疲れた印象を与えたり、たるみやクマがあるように見えたりすると悩む人がいらっしゃいます。それらの多くは目の下の脂肪が原因。下まぶたをめくったその内側を数ミリ切開し、脂肪を取り除くことで改善が望めます。詳しくは専門医にお尋ねください。

店舗情報

ながしまクリニック

住所
熊本市中央区安政町5-6 SKYビル4F・5F
TEL
096-321-6886(予約優先)
店舗ホームページ
https://nagashimaclinic.net/
営業時間
診療時間/10時~19時(最終受け付け18時)
休業日
休診/不定休(日曜診療あり)