腫瘍を熱するがん温熱療法は放射線治療などとの併用で症状を効果的に緩和できます

─がん温熱療法について教えてください。

藤岡 がん組織は熱に弱く、42度以上に加熱すれば死滅するといわれています。温熱療法は、こうした〝熱に弱い〟というがんの特質を利用した治療法(一部保険適用)です。専用の治療器を用いて腫瘍部位を42度以上、腫瘍周辺部位を42度前後に直接加熱することで、人体の深部に発症した腫瘍であっても、がん症状の緩和や軽減などが見込めます。

─どんながんに活用できるのですか。また、他の治療法との併用は可能ですか。

藤岡 胃がん、肝がん、膵(すい)がん、直腸がん、食道がん、肺がん、乳がんなど、頭部や眼球を除くほとんどの部位に適用できます。初期から末期まで広範に使用でき、放射線治療や抗がん剤治療との併用で主に用いられます。患者さんの病状や体質によって差はあるものの、免疫療法や高濃度ビタミンC療法、高圧酸素カプセル、微量抗がん剤治療などと組み合わせることで効果が上がる可能性があります。

─副作用など、患者さんの負担はありますか。

藤岡 原則として週に1回、約1時間程度、体を温めるという治療を行います。副作用がほとんどありませんので、何度受けても体に負担をかけない、体にやさしい治療法といえるでしょう。また、体を温めることで痛みの緩和や食欲増進、体力の回復、倦怠(けんたい)感の軽減など、末期がんの患者さんのQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)を高める作用もあると思われます。詳しくは専門医にお尋ねください。

藤岡医院 藤岡 靖也 院長

店舗情報

医療法人 社団 藤岡会 藤岡医院

住所
上益城郡御船町御船1061
TEL
096-282-0405
店舗ホームページ
http://www.fujiokakai.org/
営業時間
診療時間/月・水・金曜 8時30分~12時30分、14時~17時45分 火・木曜 8時30分~12時30分、16時~17時45分 土曜 8時30分~11時45分
休業日
休診日/土曜午後、日曜、祝日