メディカルインタビュー 美容外科編

美容外科の分野で主流になっている“切らない治療”。心身のリスクを軽減できるため、多くの患者さんに選ばれているそうです。今回は「ワキガ・多汗症」の治療法と、バストアップの方法について聞きました。

─“切らない治療”とは。

山田 主にレーザーや注射などを使用し、皮膚を切開しない治療法を言います。外科的な手術に比べて体への負担が少なく、その分ダウンタイム(体の回復期間)も短縮できます。また、傷痕も残りにくく、入院する必要もないので、日常生活への影響も抑えられます。

─「ワキガ・多汗症」の治療はどのように行いますか。

山田 どちらもレーザーで改善できます。脇などに照射して汗腺自体を破壊するので、半永久的な効果が望めます。施術時間は両脇で約60分。施術中の痛みは麻酔で軽減できます。また、ボトックス注射で一時的に発汗を抑えることも可能です。施術時間は両脇で約10分、効果は半年ほど。いずれも手足の多汗症や乳輪のニオイにも対応できます。これらは夏だけのものと思われがちですが、冬も暖房や厚着のせいで症状に苦しむ方は多く、相談は一年中寄せられます。

─「豊胸」をしたい場合は。

山田 まず、バストにヒアルロン酸を注入する施術が挙げられます。もともと体内に存在する成分で、1~2年かけて吸収されます。また、下腹部や二の腕から採取した自分の脂肪を注入する方法もあります。拒絶反応が少なく、注入前に脂肪の不純物や古い細胞を取り除いておくと、生着率をより高められます。いずれの方法も注入量や箇所を細かく決められるので、「谷間が欲しい」「左右のバランスを整えたい」などの要望にも応じています。気軽に専門医までご相談ください。

共立美容外科熊本 院長 山田 雅明氏

共立美容外科熊本 院長 山田 雅明氏

店舗情報

共立美容外科熊本

住所
熊本市中央区水道町5-21 コスギ不動産水道町ビル5F
店舗ホームページ
http://www.kyoritsu-biyo.com/
営業時間
診療時間/月~日曜10時~19時(完全予約制、祝日も平常診療)
休業日
休診/年中無休
女性専用TEL
0120-177-340
男性専用TEL
0120-477-340