メディカルインタビュー 美容外科編

「ワキガ・多汗症」やバストに関する悩みがあっても、「体のリスクを考えると手術には踏み切れない」という方は多いのでは。“切らない治療”による改善方法について、詳しく聞きました。

─「ワキガ・多汗症」の治療はどのように行いますか。

山田 “切らない治療”の中でも、特にレーザーが有効です。脇などに照射し、汗腺自体を破壊します。効果は半永久的で、施術時間は両脇で約60分。施術中の痛みは麻酔で軽減できるので、ご安心ください。また、一時的に発汗を抑えたい場合はボトックス注射が良いでしょう。施術時間は両脇で約10分、効果は半年ほど。いずれも、手足の多汗症や乳輪のニオイも改善できます。

─「豊胸」をしたい場合は。

山田 まず、バストにヒアルロン酸を注入する施術が挙げられます。もともと体内に存在する成分で、1~2年かけて吸収されます。また、下腹部や二の腕から採取した自分の脂肪を注入する方法もあります。拒絶反応が少なく、注入前に脂肪の不純物や古い細胞を取り除いておくと、生着率をより高められます。注入量や箇所を細かく決められるので、「谷間が欲しい」「授乳後にしぼんでしまった部分にハリが欲しい」などの細かい要望にも対応できます。

─治療のリスクについて知りたいです。

山田 レーザーや注射などを使うため、メスを使った切開手術に比べて体への負担を軽減できます。その分ダウンタイム(体の回復期間)の短縮にもなり、傷痕も残りにくいです。入院する必要もないので、日常生活への影響が少なく、主婦の方や働いている方には特に選ばれていますね。症状によって治療法は異なるので、まずは専門医にご相談を。

共立美容外科熊本 院長 山田 雅明氏

共立美容外科熊本 院長 山田 雅明氏

店舗情報

共立美容外科熊本

住所
熊本市中央区水道町5-21 コスギ不動産水道町ビル5F
店舗ホームページ
http://www.kyoritsu-biyo.com/
営業時間
診療時間/月~日曜10時~19時(完全予約制、祝日も平常診療)
休業日
休診/年中無休
女性専用TEL
0120-177-340
男性専用TEL
0120-477-340