「ワキガ・多汗症」の改善や「豊胸」の細かい要望には切らない治療が有効です

─日差しが増してくるこの時季は、脇の汗が気になる人も多いと思います。ワキガや多汗症の治療法について教えてください。

山田 いずれの場合もレーザーが代表的です。脇などの患部に照射し、汗腺自体を破壊することで、半永久的な効果が得られます。施術時間は両脇で約60分、施術中の痛みは麻酔で軽減できます。一時的に発汗を抑えたいときは、ボトックス注射を勧めています。施術時間は両脇で10分ほど、効果は約半年間。どちらも、手足の多汗症や乳輪のニオイも改善できます。メスを使って切る手術ではないので、入院する必要はありません。「すぐ日常生活に戻れるから、友人や同僚に知られずに済む」と、この治療法を選択する方も多いですね。傷痕が残りにくいのも大きなメリットです。

─バストアップしたい場合も、切らずに施術することはできますか。

山田 はい、可能です。切らない豊胸術にはいくつか種類があります。まず挙げられるのが、胸にヒアルロン酸を注入する方法です。ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分で、1~2年くらいかけて徐々に吸収されます。また、下腹部や二の腕から採取した自分の脂肪を注入することもできます。拒絶反応が少ない上、注入前に脂肪の不純物や古い細胞を取り除いておくと、生着率をより高められます。いずれの方法も、注入する量や箇所を細かく設定することができるので、「谷間が欲しい」「授乳後にしぼんでしまった部分にハリを出したい」など、個人の希望にも対応可能です。まずは専門の医師にご相談ください。

山田 雅明 院長

店舗情報

共立美容外科熊本

住所
熊本市中央区水道町5-21 コスギ不動産水道町ビル5F
店舗ホームページ
http://www.kyoritsu-biyo.com/
営業時間
診療時間/月~日曜10時~19時(完全予約制、祝日も平常診療)
休業日
休診/年中無休
女性専用TEL
0120-177-340
男性専用TEL
0120-477-340