自分の足で歩き続けるための"ロコトレ"セミナーも

介護が必要な人のために病院が考えた住まい『ホスピタルメント』。グループ施設全体の見学相談会が、11月17日(土)·18日(日)に開催されます。(参加無料) 17日(土)は、同所専属のセラピストによる「ロコモティブシンドローム」に関連したセミナーも同時開催(参加無料)。リハビリをしながら健康に暮らせる"一生涯の住まい"を、自分の目で確かめてみませんか。

季節の行事や食事も、日常にハリとうるおいを与えます

■リハビリをしながら安心して暮らせる

変化に富んだ日常を楽しみながら暮らせる『ホスピタルメント』で、グループ施設全体の見学会が行われます。

介護付きや住宅型など、さまざまな形態の施設があるので、それぞれの要介護度や重視したい生活スタイルを考えながら見学してみるといいですね

クラシックモダンなリビング

ナチュラルな雰囲気の居室

中でも、今年4月に開設された住居型有料老人ホーム『ホスピタルメントさくら西館+PLUS』は必見です。優しく温かみのある「ナチュラル・モダン」と重厚で落ち着きのある「クラシック・モダン」をテーマとしたデザイナーズフロアがあります。全施設には、看護師や介護士が24時間常駐するほか、運営母体が病院のため、緊急時も迅速な対応が可能です。

■"ロコモ"予備軍は、4700万人

人の体は、筋肉や骨、軟骨・椎間板、関節・靱帯(じんたい)などの運動器が大きな役割を果たしていて、その運動器の障害によって「立つ」「歩く」といった移動機能の低下が生じます。この状態を「ロコモティブシンドローム」と呼び、国内には、約4700万人の”ロコモ”予備軍がいるといわれています。

■理学療法士によるトレーニング法の指導も

見学会の初日(17日)にはセミナーも開催されます。自分の体の状態をチェックし、”ロコモ”状態に陥っていないかを調べ、理学療法士に予防のためのトレーニング法を教えてもらいます。この機会に、家族ご一緒に、ぜひ参加してください。

入居見学会開催 

日時:11月17日(土)・18日(日)10時~16時(要予約)
〈見学対象施設〉
○介護付有料老人ホームホスピタルメント桜十字(熊本市南区御幸笛田7‐13‐21)
○住宅型有料老人ホームホスピタルメントさくら西館(熊本市南区御幸木部1‐1‐1)
○住宅型有料老人ホームホスピタルメントさくら東館(熊本市南区御幸笛田7‐15‐3)
○住宅型有料老人ホームホスピタルメントさくら西館+PLUS(熊本市南区御幸木部1‐1‐1)
申し込み先:ホスピタルメント TEl:096-378-1113

ロコモティブシンドロームについてのセミナー同時開催(要予約)

日時:11月17日(土) 14時~15時 場所:桜十字病院講義室(熊本市南区御幸木部1‐1‐1)
内容:ロコモティブシンドロームについて(講師 同院予防医療推進室 理学療法士 小田川泰之さん)
入場料:無料 対象:どなたでも
申し込み締め切り:11月16日(金)
申し込み先:ホスピタルメント TEL:096-378-1113

「ロコモチェック例」あなたはいくつあてはまりますか?

□片足立ちで靴下がはけない
□よくつまずいたり、すべったりする
□階段を上るのに手すりが必要
□家の中のやや重い仕事が困難
□2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難
□15分くらい続けて歩けない
□横断歩道を青信号で渡りきれない
*1つでも当てはまるとロコモの可能性があります!

お問い合わせ

ホスピタルメント

TEL
096ー378ー1113