子どもの目は、生まれてから10歳くらいまでの間に急速に成長するといわれています。健康な目を形成するために必要なことを、親子で学んでいきましょう。

よねざわ眼科 院長

犬丸 淳子さん


ー弱視とはどのような状態で、何が原因でしょうか。

子どもの視力は言葉や歩行などと同じで、成長に伴い発達していくものです。0歳では0.1ほどの視力しかなく、4~5歳で1.0程度、その後10歳までにほぼ完成するといわれています。

この成長期に、斜視や遠視、近視、乱視などの屈折異常や白内障などの目の病気が原因となり、正常な視力の成長が止まった状態を「弱視」といい、メガネやコンタクトレンズで矯正してもよく見えないものを指します。

片方の目だけに弱視の症状がある場合、症状がない方の目は普通に見えているため、生活に支障はありません。幼いと自分で見えにくさを訴えることもないため、保護者の方も気づかないことが多いようです。物を見るときに目を細めて見たり、テレビを極端に近くで見たりしているときには注意してください。


ー弱視の可能性がある場合、どのような治療を行うのですか。

しっかりした検査ができるようになるまで(個人差はありますが3~4歳)は弱視と判断することが難しい場合もありますが、屈折検査や斜視検査などから総合的に判断し、両目の視機能に影響が出ると予想される場合は、治療を開始します。遠視や強い乱視、近視はメガネをかけて治療します。片目だけが弱視の場合は「健眼遮閉」といって、よく見える方の目をアイパッチなどで隠して見えにくい方の目の視力向上を促します。また、瞳孔を開く目薬で治療することもあります。

メガネをかければすぐに見えるようになるわけではなく、初めのうちは子ども自身がメガネをかける意味が分からず、嫌がる子もいるので家族の協力が必要です。

視力が良くなるかどうかは視力の発達がどれくらいの期間、どの程度抑えられていたかによります。期間が長く、程度が強いほど弱視の回復は困難になるので、早期に見つけることが大切です。そのためにも3歳児検診での視力検査は必ず受けるようにしましょう。


弱視などの治療目的や乳児でも使用できるサイズのメガネもあるので、まずは専門医にご相談ください。

乳児用トマトグラッシーズ


第4回のテーマは

第4回のテーマは「斜視」についてです。
掲載は6月18日付を予定しています。