子どもの目は、生まれてから10歳くらいまでの間に急速に成長するといわれています。健康な目を形成するために必要なことを、親子で学んでいきましょう。

よねざわ眼科 院長

犬丸 淳子さん


ー近視とはどのようなものですか。

私たちの目の構造は、よくカメラに例えられます。目に入った光は、角膜や水晶体で屈折して網膜にピントが合って像として映し出され、視神経を通して脳に届き、映像として認識されます。近視の多くは眼の奥行きの長さが伸びすぎて網膜にピントが合わなくなるものです。近くは見えるけれど、遠くの物はぼやけて見えます。成長期の子どもは目の大きさも成長段階にあるため近視を発症しやすいのです。

近視の原因は今のところよく分かっていませんが、親が近視の場合、子どもが近視になる可能性が高いことから遺伝的な要素があるのではと考えられています。また、勉強や読書、パソコンなどを使用する時間が長いと目にも負担がかかるため、生活環境も影響しているのではといわれています。


ー近視の場合、どのような治療を行うのですか。

一般的には見えにくくなったら、眼科を受診後、まずはメガネで矯正し、自分で管理ができるようになったらコンタクトレンズを使った治療も可能です。コンタクトレンズはメガネと異なり、目に直接触れるものなので、結膜炎やドライアイなどのトラブルを起こすことがあります。不適切な使用で角膜感染症を引き起こし、重症化すると後遺症が残ることもあるので、お子さんに使用させる場合は注意が必要です。適切な使用を心掛け、定期的に眼科を受診するようにしましょう。

近視が疑われる時期に点眼薬を用いた治療を行うこともありますが、視力が元に戻る例は多くありません。また近視の進行防止に効果がある程度実証されている治療法に、低濃度アトロピン点眼(保険適用外)があります。いずれも医師の診断のうえ、適切な治療を進めましょう。気になる症状がある場合は、早めに眼科医に相談してください。


近年、子どもの近視予防として注目されている「オルソケラトロジー」(保険適用外)。夜間にコンタクトレンズを装着し、日中は裸眼で生活する治療法です。詳しくは専門医にお尋ねください。


第6回のテーマは

「初めてのメガネ選び」についてです。
掲載は8月20日を予定しています。