子どもの目は、生まれてから10歳くらいまでの間に急速に成長するといわれています。健康な目を形成するために必要なことを、親子で学んでいきましょう。

よねざわ眼科 院長

犬丸 淳子さん


ー子どもが見えにくさを訴えた場合、すぐにメガネをかけさせてもいいのでしょうか。

学童期の子どもの目は、ピントを調節する目の筋肉が過度に緊張して、裸眼視力が低下することがあります。これは「仮性近視」と呼ばれ、筋肉の緊張をほぐす点眼やトレーニングで視力が回復する場合があり、すぐにメガネは必要ありません。他にも視力低下を起こす原因はさまざまです。目の状態を見ながら、症状に合わせた治療が必要になるので、医師の診断を受けずにメガネを使用するのは避け、必ず眼科を受診してください。

目の状態に合っていないメガネをかけていると下のような症状が起こることがあります。

(1)メガネをかけてしばらくは見えていても、時間がたつと次第に見えにくくなる
(2)頭痛、肩こり、頭が重く感じる、吐き気がする
(3)イライラするなどのストレスが起こる
(4)眼精疲労

また、受診後にメガネが出来上がり、表のような症状が出る場合、メガネが合っていない可能性があります。もう一度眼科で確認してもらってください。


ーメガネをかけることへの間違った思い込みがあると聞きます。

「メガネをかけると近視が進む」と思っている人も多いようですが、メガネをかけることで近視が進むことはありません。よく見えない状態でメガネをかけずにいる方が目に負担がかかり、マイナスの要素が増えます。見えにくければメガネやコンタクトを使用し、見えやすい状態をつくることが大切です。

また保護者から「メガネをかけたり外したりするのは、目に良くないのでは」という質問を受けます。近視の場合、近くは裸眼でよく見えているので常にかけておく必要はありません。授業中に離れた席から黒板を見るような場合にだけメガネをかけるようにするとよいでしょう。


ー子どもの目を守るためには、親が正しい知識を持つことが大切ですね。

「友達にからかわれるのでメガネをかけたくない」というお子さんもいます。家庭の中でも普段からメガネに対して否定的な言葉が出ていると、お子さんの潜在意識の中に「メガネ=悪い」というイメージが刷り込まれてしまうこともあるようです。なるべくメガネをマイナスに捉えてしまう言葉は控えた方がいいでしょう。

お子さんの目の異常は周りの大人が気付いてあげなければ、なかなか診療までたどり着きません。気になる症状があれば、早めに医師の診断を受け、適切な治療を始めることが将来的にもお子さんの目を守ることにつながります。