[メディカル百科]美容外科編

程度の差はあれ、誰でも体の悩みはあるものです。今、主流の手術をせずにすぐに日常生活に戻れる「切らない治療」の中から、脂肪溶解、部分痩せ、ワキガ・多汗症について聞きました。

─手術をせずに脂肪を除去する方法を教えてください。

脂肪溶解注射と内服剤を繰り返すことで痩身を可能にする治療法があります。脂肪細胞を溶解・分解する作用がある薬液を脂肪層に注入して脂肪を溶かし、老廃物として体外へ排出することで、脂肪を減らす方法です。メスを使わないので体への負担が小さく入院の必要もありません。手術と比べ、手軽でダウンタイムも少なく、治療費も抑えることができるため、気軽に受けられる治療法として選ばれています。

─部分痩せも可能でしょうか。

施術部位が選べるので、「二の腕をほっそりさせたい」「下腹部をへこませたい」といった部分痩せも可能です。食事制限や運動ではなかなか実現しなかった部分痩せができるとあって、多くの患者さんに喜ばれています。

─ワキガや多汗症はどのように。

代表的なのはレーザー治療です。脇などの患部に照射し汗腺を破壊することで、半永久的な効果が見込めます。施術時間は両脇で約60分。施術中の痛みは麻酔で軽減できます。これからの季節だと、一時的に発汗を抑えたいケースもあると思います。そのような場合にはボトックス注射が有効です。効果は約半年間で、施術時間は両脇で約10分です。いずれの治療法も手足の多汗症も改善できます。切らない治療であっても不安があるのは当然です。まずはしっかりとカウンセリングを受けることが大切です。専門医に何でもご相談ください。

共立美容外科熊本 院長 山田 雅明氏