[メディカル百科]美容皮膚科編

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が進んでいますね。ワクチン接種後、抗体がどのくらいできたのかを調べる検査があるそうです。詳しく話を聞きました。

─ワクチン接種後にできた抗体の量を調べる検査があるそうですね。

ファイザー製とモデルナ製の新型コロナウイルスワクチンは、中和抗体という抗体を体内に作ることでウイルスの働きを抑える仕組みになっています。当院ではロシュ社の検査方法を用いて、ワクチン接種後の中和抗体定量検査を実施しています。ワクチンの効果は個人差があり、ワクチン接種後、効果が出ているのかどうか気になる場合は、中和抗体の量を調べる検査が有用です。

─どのくらい抗体が増えていれば良いのでしょうか。

ワクチン接種で中和抗体が多く産生されていれば、感染する確率が低くなると考えられていますが、どの程度の中和抗体があれば感染防止に十分であるかはまだ分かっていません。そのため、検査の結果、抗体を獲得できていることが分かったとしても基本的な感染症対策は必要です。また、この検査は新型コロナウイルスを検出できるPCR検査などとは異なりますので、ご注意ください。

─検査の流れを教えてください。

当院ではHPのアイチケットアプリから、オンラインで予約ができます。来院していただいて少量の採血を行った後、採取した血液を検査機関に送ります。4日程度で結果が分かり、検査結果を通知するアプリ「MeDaCa」をインストール(無料)しておけば、来院せずにスマホで抗体値数値を確認できます。中和抗体定量検査は自由診療で、費用は4000円(現金払いのみ、カード払い不可)です。詳細は医師にお尋ねを。

駕町 太田皮ふ科 院長 太田 浩平氏