[メディカル百科]産婦人科編

これからの寒い季節は、手足や腰などが常に冷えているような感覚に悩まされ、中には「不妊症につながるのでは」と心配する女性も多いようです。冷えが引き起こす婦人科系のトラブルなどについて専門医に話を聞きました。

─冷えと不妊の関係は。

体が冷えると、血液の循環が悪くなり、「手足が冷たくて眠れない」「肩が凝る」などの不快な症状を引き起こします。特に女性は、周期的にホルモンバランスが変化するので冷えやすいといわれています。しかし、冷えと不妊症の関係は、まだはっきりとは分かっていません。ただし、下腹部が冷えると女性ホルモンの分泌が乱れ、生理痛や月経不順、更年期障害などの病気を引き起こすこともあるので、冷えを軽視しないでほしいと思います。

─下腹部の冷えは見過ごしそうですね。

手足に比べて、外気に触れにくい下腹部は、ご本人も気付かないうちに冷えていることがあります。冷えの原因は、必ずしも寒さによるものだけではなく、ストレスや食習慣、運動習慣などさまざまに考えられます。

─下腹部を冷やさないためのコツを教えてください。

多数の血管が通る尾てい骨周辺を、使い捨てカイロなどで温めると効果的です。また、血液を送り出すのに必要な筋力を付けるため、スクワットなどの運動を取り入れましょう。併せて、ショウガや根菜類などの体を内側から温める食材を意識して取り入れ、バランスの良い食事を心掛けてください。ただし、生理痛や月経不順などの症状が緩和されない場合は、冷え以外の原因も考えられるので、決して我慢せず、かかりつけの産婦人科医にご相談を。専門的な視点でのサポートのもと、ご自身の体に向き合う機会をつくりましょう。

ソフィアレディースクリニック水道町 院長 岩政 仁氏