[メディカル百科]皮膚科編

新型コロナウイルス感染症対策で手指のアルコール消毒や手洗いをする機会が増え、手荒れに悩む人が増えているそうです。治療法や対策などについて専門医に聞きました。

─最近、手荒れの相談が増えているそうですね。

感染症対策で頻繁に手を洗ったり、アルコール消毒をしたりすることで油分が取れて皮膚のバリア機能が低下し、ダメージを受けやすい状態になっているケースが多くあります。

─対策について教えてください。

家庭や職場などで手洗いと消毒の両方を行っている方もいるようですが、ウイルスの対策はせっけんやハンドソープを使って洗い流すことが最も重要です。厚生労働省も「手洗いの後、さらに消毒液を使用する必要はありません」と報告しています。手洗いの際は、ゴシゴシと肌をこすらず、泡で優しく洗いましょう。せっけん成分のすすぎ残しも要注意です。皮膚トラブルの原因になるのできれいに洗い流すことも大切です。

─保湿も重要だと聞きました。

手洗いの後はきれいに水分を拭き取り、すぐにハンドクリームやワセリン、尿素やヘパリン類似物質が配合されたクリームで保湿し、バリア機能を低下させないようケアする習慣をつくりましょう。最近は、子どもの手荒れも増えています。子どもは肌のバリア機能が弱いので、特にしっかりとした保湿が必要です。また、寒くなると家事でお湯を使う機会が増えることも手荒れの原因の一つです。なるべく常温の水を使い、水仕事のときに綿の手袋の上にゴム手袋を重ねて着用し、手にかかる負担を減らしましょう。

─手荒れがひどくなり炎症を起こした場合はどうすればよいですか。

炎症を起こして手のひら全体が赤くなったり、ひび割れ、湿疹ができたりした場合は保湿だけでは治りにくいので、早めに専門医にご相談ください。症状に応じて医薬品の保湿クリームやかゆみ・赤みを抑える塗り薬、飲み薬などを処方します。ほとんどの場合は刺激が減ると症状が改善しますが、生活や仕事をする上で刺激を取り除くことは難しく、完治までに時間を要する患者さんが多いのが現状です。症状が軽くなったからといって油断せず、根気よく治療を続けることが大切です。

まるお皮ふ科 院長 丸尾 圭志氏
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医

手荒れが悪化した場合の一例。手のひら全体が赤くなり、皮膚がひどくひび割れ、炎症を起こしています